カテゴリー別アーカイブ: 相続

相続の基本用語~準備~相続対策のポイント~相続資産圧縮のポイント~相続支払い(納税資金・分割資金)対策のポイント~過去に相続対策をした方の見直し・見落としなどをご紹介しています。

自分らしい生き方をできるような ヒント

今日のお勉強。

シニアマーケティングはなぜうまくいかないのか?

を聞いて、
私は間違ってないな、
と確信出来ました。

隣の人とお名刺交換しました。

最近、こういう本出しました。
不動産、相続のコンサルやってますー。

あー、空き家買うの?
空き家、すごいらしいねー

いえ、別に。

空き家売りたい人、探してるの?

私は自分からガツガツ営業しないから。

?不動産屋じゃないの!?

不動産業はやっています。

コンサルなので、お客様が売りたいなら
そうするし、
どうしたら良いかわからないなら
それを考えることからやります。

結果、売るのが良いなら、そうします。

うちの親戚も、売るとか売らないとか
揉めてるんだよ。

最初から、売る、って言う明確な目的
持ってる人なんていないと思いますよ。
売ることを考えるのは、お金に困っているから。
揉めるのは、先々に不安があるからです。

その不安はなんなのか
お互いに奪い合うのではなく
解決できる方法はないのか
細かく見てみないと。

将来何の心配も無ければ、
揉めないですよ。
たいがいは。

長寿がリスクになっている?

定年して、老後を静かに過ごす
人生モデルじゃないよ、
と急に言われてもね。

まだまだ、生きるんだ。

元気に生きたい。
若くいたい。

健康法やサプリもたくさんあるけど
お金がないと。

ジーっとしてるんじゃなく
楽しく過ごしたい。
人との付き合い、
ってお金がかかるのです。

旅行や趣味も、お金が必要です。

会社勤めや子育てが終わって
時間にゆとりが出来て
自分らしい生き方をしたい
と思っている人が、増えています。

シニアでも
老人でもない

新しい大人
の生活

設計の過渡期です。

それまに蓄えたものの形を変えて

かつ

自分らしい生き方をできるような
ヒントを書いてみました。

是非、読んでいただきたいです!
内容は、今日のセミナーと考え方は
同じです。
アプローチは違うけど。

http://urx.nu/KdLp
「空き家の実家を収入源に変える方法」

20181201
20181201 posted by (C)alive

現実は小説より面白い

一昨日は

母校 明治学院大学のヘボン経済人会
の夕食勉強会でした。

光栄というか、、、
講師を務めさせていただきました。

社会と家族に遺すべきもの
人生100年時代に本当に必要なものとは

相続対策
と言うと、節税=税理士

相続争い=弁護士

と言うことが、世間では問題とされています。

お金を残して
資産も残したはずなのに
遺された家族が安心してそれまで通りの
生活が出来なくなっています。

今後、社会制度というか
社会がどんどん変化する中で
何が必要
何が遺された家族や会社を守るのか?

と言うことを考えていただきたかったです。

私のお話は実話なので

現実は小説より面白い

気づきになってくれたら
幸いです。

https://www.youtube.com/post_login?noapp=1&client=mv-google

変化力

波及している・・・・

このところのご相談は、
相続そのものよりも

立ち退きだったり、
地上げ関連だったりする。

お話を聞いていると

ふぅぅん、

銀座の一等地にそんなにおいしい
案件がまだあったんだ~~

とか、
港区にそんなにおっきく化けそうな
土地ってまだあったんだ~~

と、感心してしまう。

急に普通賃貸借契約を定期借地契約に
するようにオーナーが言ってきた。

なんて、ご相談は数年前からホウボウから来る。

この機会とばかりに
建て替えをもくろむオーナーたち。

建て替えでなくても、更新の際には
マーケットが上がっているので
賃料値上げ交渉は必ず行う。
(私も、自分の管理物件ではそうします)

この分では、
都心は日本人は住めなくなるね。
事業もできなくなってしまうかもしれないね。

物件を持っていれば、自然と上がるけど
持っていないと、追いやられてしまう。

東京は動いているんだと、感じる。

変化しているんだ。

古いビルにいた人たちの話を聞くと
オーナーとは昔からの知り合いで
安く借りていたりする。

今まで、お得だったんだね。

都心の地主さんの話を聞くと
先代、先々代は歴史の教科書に出ていらっしゃる方
ですね。

その方たちの功績で、今の暮らしがあるわけです。

自分たちが持っている何気ないものが
すごくお得なものと知らないままにいて
周りが変化しているのに気が付かなった?

相談を受けていて感じるのは
変化に対応する力がないと
どんなに良いものを持っていても
永続できない、
ということ。

変化力がないとね。

ということで、都心はまさに
生き馬の目を抜く状態
を覚悟で、それを楽しめるようでないと
楽しく暮らせないな、
とつくづく思った。

と、都心の変化を感じていてたら、
どうやら、これは都心だけではない、
という気がしてきた。

続けて、
郊外の相談を受けた。

一つは倉庫の契約を、急に定期借地にしろ
と言われた件。

もう一つは、工場の近隣の駐車場が足りない
から、探したいという件。

場所は違うが、郊外の工場団地の案件なんだけど

要は、今まで空き地だったり駐車場だったりしたところが
売られて、駐車場が減っている。

謄本を上げてみると
数十年前に相続で共有名義にしたまま放置だった土地が
最近の相続で、税金支払いのために売られている。
で、駐車場がなくなっていっている。

また、売らなくてはいけないので、
倉庫で貸していたところもどいてほしい。

郊外で工場が建つところって、
そもそもは地価が安かったんだよね?

駅から遠いから、駐車場も必要だし、倉庫も
気軽に借りれたりしたはず。

そのエリアも、相続により、売却されていく。

変化は波及しているんだ。
遠くまで。

こういった変化も、早く察知し、対応したものだけが
継続ができるのだと思う。

変化に気が付かず、流れに任せていると
継続はできないんだな、
と思った。

しかし、軒並み、持ち分も明記していないまま
複数名の共有名義になっている土地の謄本を
見ていると、
この人たちがいま、どういう気持ちでいるのだろう?

ちゃんと相談する人がいるのだろうか?

解決できないで、ぐちゃぐちゃになって
結局は、建売屋さんに売ることになるんだな~

と、思ってしまいました。
 

 

 

相手を理解し 固まっているごちゃごちゃを 分解して、整理してあげること

今まさにそうで

身につまされる気がした。

相続は終わったけど

ホントにごちゃごちゃ揉めた

などの感想をいただきました。

この相続講談のストーリーは

オーナー社長さんであれば

自分んちのこと??

と思う内容になっています。

というか、

ご相談にいらっしゃる方は

自分の家だけ、、

と思っているけれど

だいたい似たようなことが多いのです。

不動産や資産は個別性が高いけれど

人の心や感情はだいたい同じ

だからです。

うちにいらっしゃる方は

その前に、税理士や弁護士に相談して

いらっしゃいます。

でも、解決しない

ちょっと違う

腑に落ちない

いろいろ探しているうちに

私にたどり着くようです。

相続は家族の心の問題です。

そして、不動産活用は

お金の問題だけでなく

人生の問題です。

お金だけを追い求める人生は

虚しいものです。

自分が何をしたいのか

何が好きなのか

誰と関わりたいのか

自分が生まれた使命は何なのか

私のコンサルは

お客様に何度もお聞きして

それを実現して行くことです。

損得で考えるのは

つまらないことです。

無料相談の人でさえ

部屋に入って来た時は固い表情でも

帰る時には、

憑き物が取れたように

晴れ晴れとした笑顔になります。

自分がいかに

小さな視点に囚われていたか

気がつくからだと思います。

コンサルは

自分の知識や経験を相手に与える

より

相手を理解し

固まっているごちゃごちゃを

分解して、整理してあげることが

大事です。

その、整理、分析方法を

フローチャートにしてみました。

*作りながら、かなり自分の頭が

混乱して、疲労しました。

本の巻末にあります。

自分でまず、やってみられると

見えてくるもの

わかるものがあるかもしれませんよ。

20180619-01
20180619-01 posted by (C)alive

20180619-02
20180619-02 posted by (C)alive

20180619-03
20180619-03 posted by (C)alive

アメニティさんのブックガイド に掲載して頂きました!

アメニティさんのブックガイド
に掲載していただいた~!!

「集合住宅新聞」という
ちょっと面白い専門誌。

マンションの住人向けに発行されている。

古いマンションが増える中か
大規模修繕や居住者のコミュニティなど
いろいろな問題があるのだけど

そういうことに役立つ記事が載っている。

これを読んで勉強する。
良くわかる、

ってもんでもない(ごめんなさい・・・)

ただ、同じ建物の人と
今ある問題を共通に認識したり
いろいろなやり方・考え方がある
ということをしていたりすることが

まず、何より大事なのだと思う。

マンションだと建て替えるとか
修理する
とかって、
意見がそろわないとできないもんね。

一緒に何かやる人と
考えや価値観が違うのは当たり前。

違う人間同士が一つのことをやるには
その前段階で
共通する情報や危機感?というか
問題意識があることが大事だよね。

夫婦でも華族でもない人たちと
そういった温度差がなるべく無いように
するって、難しいけど

こういう新聞読んでいると
きっと、
だんだんと、共通認識が出てくるんじゃないかな?

コミュニケーションはとっても重要だけど
それを補佐するツールって必須だよね。

仲良し家族でいるには
美味しいご飯を一緒に食べるとか
家族で出かけて楽しいことをするとか
っていうのと、似ていると思う。

相続の場合は、そうだよ。

私が漫画の小冊子を作ったのも
家族どうして、いきなり話し出すのも・・・・
という家の、TVの前にでも出しっぱなしにしてくれたら
いいな、と。

誰かがいつか、読んでみるかも。
なんかのきっかけで
話題に自然になるかも。

切りだすのが難しい
話ずらいことは

ツールを使うことも、一つの方法だと思います。

マンション~特に古いマンションにお住まいの方は
是非、アメニティをマンション住人で
読んで見られてはいかがでしょうか?

http://urx.nu/KdLp

35267130_859294354267584_6794352088601067520_n
35267130_859294354267584_6794352088601067520_n posted by (C)alive

35416432_859294417600911_7161334375206879232_o
35416432_859294417600911_7161334375206879232_o posted by (C)alive

出版記念パーティ&シンポジウム

あまりに盛り上がり過ぎて、
全体写真を取り忘れたのが、唯一の心残りです。

前半のシンポジウム「空家の現状と解決策」は
真剣に聞いていただく
大変勉強になったと、お声をたくさんいただきました。

今回は不動産関係の方というより
出版にご尽力いただいた方
これを役立てていただけそうな方
全く関係ないセミナーで一緒になっただけなのに
義理堅く来てくださる方
同級生や同窓の方
など

どちらかというと
私の個人的な方面でのつながりのある方に
来ていただきました。

私を中心にして
新たなつながりが広がることを
大変嬉しく思います。

私の自慢は
本当に人に恵まれていることです。

私はともかく
私の周りの人は、全部、とっても良い人です!

大盛り上がりすぎて

二次会にカラオケに行き
さらにはクラブを2件も梯子して
六本木に来た、外国人に着物姿で絡んで
大いにトーキョーの中心人として
影響と印象を与えて??

20代のころに乗ったこともない
お立ち台にまで上がって

今見ると、
恥ずかしいです・・・・

でもね。思うの。

頭が良くて、仕事ができて、信頼できる人
ってベースだけど
一緒にいて楽しくないと
人は集まらないし、
かけがえのない人にはならないのでは?

私の良いところは
楽しいことを考えて
みんなを喜ばせることです!

ハッピーな人生に、乾杯!

この本が、あなたの第二の人生を
ハッピーにしてくれますように!

※私の着付けの先生も来てくださいました。
刺激と新しい出会いに興奮状態になり
私も次をやろう!
という気持ちになった。と連絡いただきました。
私に出会った人は、みなさん、元気になると言います。

そういってくださるのが、本当に、嬉しいです!

「空き家の実家を収入源に変える方法」
https://www.amazon.co.jp/dp/4426123941/

20180520-02
20180520-02 posted by (C)alive
20180520-01
20180520-01 posted by (C)alive
20180520-03
20180520-03 posted by (C)alive

付録2: 相続用語集:ラ行-02

=====================
付録2: 相続用語集
=====================
  
ラ行-02
  
•暦年課税制度(れきねんかぜいせいど):02
  
それは、
  
「夫婦の間で居住用の不動産や、
 居住用の不動産を取得するための金銭を
 贈与したときに配偶者控除を受ける場合」、
  
「父母等から
 住宅取得資金等の贈与を受けたときの
 特例を受ける場合」
など。
  
また、
法定相続人となることが見込まれる人が
贈与を受ける場合については、
  
2003 年以降は、
暦年課税に加えて、
相続時清算課税が選択できるようになった。
  
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを
解決するレポートを作りました。
起業12周年を記念して無料配布しています。
  
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

  
相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
  
★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp

付録2: 相続用語集:ラ行-01

=====================
付録2: 相続用語集
=====================
  
ラ行-01
  
•暦年課税制度(れきねんかぜいせいど):01
  
贈与財産から
基礎控除額 110 万円を差し引いて、
  
その残りの額に対して
所定の方法で計算したものが税額となる。
  
1 年間の贈与額が
110 万円以下なら贈与税はかからない。
  
ただし、
110 万円を超える贈与でも
贈与税がかからないケースもある。
  
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを
解決するレポートを作りました。
起業12周年を記念して無料配布しています。
  
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

  
相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
  
★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp

付録2: 相続用語集:マ行-02

=====================
付録2: 相続用語集
=====================
  
マ行-02
  
•名義預金(めいぎよきん)
  
形式的には
  
配偶者や子などの名前で預金しているが、
実質的には
被相続人(亡くなった人)のもので、
  
親族から
名義を借りているのに過ぎない
預金をいいます。
  
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを
解決するレポートを作りました。
起業12周年を記念して無料配布しています。
  
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

  
相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
  
★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp

付録2: 相続用語集:マ行-01

=====================
付録2: 相続用語集
=====================
  
マ行-01
  
•みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)
  
本来の意味で
相続財産ではないが、
  
相続財産と同様に
人の死亡により取得される財産ということで、
  
相続財産とみなされる財産のことです。
  
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを
解決するレポートを作りました。
起業12周年を記念して無料配布しています。
  
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

  
相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
  
★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp