カテゴリー別アーカイブ: 不動産業界の最近の様子

オリンピックが近いって本当に不動産は上がってるのかな?
今、売ったほうが良いのかな?買ったほうが良いのかな?
ということを現場の様子をお伝えします。

変化力

波及している・・・・

このところのご相談は、
相続そのものよりも

立ち退きだったり、
地上げ関連だったりする。

お話を聞いていると

ふぅぅん、

銀座の一等地にそんなにおいしい
案件がまだあったんだ~~

とか、
港区にそんなにおっきく化けそうな
土地ってまだあったんだ~~

と、感心してしまう。

急に普通賃貸借契約を定期借地契約に
するようにオーナーが言ってきた。

なんて、ご相談は数年前からホウボウから来る。

この機会とばかりに
建て替えをもくろむオーナーたち。

建て替えでなくても、更新の際には
マーケットが上がっているので
賃料値上げ交渉は必ず行う。
(私も、自分の管理物件ではそうします)

この分では、
都心は日本人は住めなくなるね。
事業もできなくなってしまうかもしれないね。

物件を持っていれば、自然と上がるけど
持っていないと、追いやられてしまう。

東京は動いているんだと、感じる。

変化しているんだ。

古いビルにいた人たちの話を聞くと
オーナーとは昔からの知り合いで
安く借りていたりする。

今まで、お得だったんだね。

都心の地主さんの話を聞くと
先代、先々代は歴史の教科書に出ていらっしゃる方
ですね。

その方たちの功績で、今の暮らしがあるわけです。

自分たちが持っている何気ないものが
すごくお得なものと知らないままにいて
周りが変化しているのに気が付かなった?

相談を受けていて感じるのは
変化に対応する力がないと
どんなに良いものを持っていても
永続できない、
ということ。

変化力がないとね。

ということで、都心はまさに
生き馬の目を抜く状態
を覚悟で、それを楽しめるようでないと
楽しく暮らせないな、
とつくづく思った。

と、都心の変化を感じていてたら、
どうやら、これは都心だけではない、
という気がしてきた。

続けて、
郊外の相談を受けた。

一つは倉庫の契約を、急に定期借地にしろ
と言われた件。

もう一つは、工場の近隣の駐車場が足りない
から、探したいという件。

場所は違うが、郊外の工場団地の案件なんだけど

要は、今まで空き地だったり駐車場だったりしたところが
売られて、駐車場が減っている。

謄本を上げてみると
数十年前に相続で共有名義にしたまま放置だった土地が
最近の相続で、税金支払いのために売られている。
で、駐車場がなくなっていっている。

また、売らなくてはいけないので、
倉庫で貸していたところもどいてほしい。

郊外で工場が建つところって、
そもそもは地価が安かったんだよね?

駅から遠いから、駐車場も必要だし、倉庫も
気軽に借りれたりしたはず。

そのエリアも、相続により、売却されていく。

変化は波及しているんだ。
遠くまで。

こういった変化も、早く察知し、対応したものだけが
継続ができるのだと思う。

変化に気が付かず、流れに任せていると
継続はできないんだな、
と思った。

しかし、軒並み、持ち分も明記していないまま
複数名の共有名義になっている土地の謄本を
見ていると、
この人たちがいま、どういう気持ちでいるのだろう?

ちゃんと相談する人がいるのだろうか?

解決できないで、ぐちゃぐちゃになって
結局は、建売屋さんに売ることになるんだな~

と、思ってしまいました。
 

 

 

不動産分野のお医者さん

5月7日の週間住宅新聞に掲載されました。

私の「出張 相続講談」

不動産会社なのに

講談とか出版とか

他と違うことをしています。

よっぽど、暇か
趣味?

という感じですね。

不動業者の集まりに行くと
当然に不動産中心の話題ばかりです。

不動産も実に奥深く
変化が激しく
勉強していかなくてはいけないことが
多い。

でも、これからはそれだけではダメだと
思うのです。

良いお医者さんが
どんなに腕が良くても
それを相手に伝えることが十分に
できなければ
相手の心を満足させることはできません。

私は、不動産業者というより
不動産分野のお医者さんで
いたいと思っています。

知識や経験
法律や税務

は必須ですが

皆が気がつかないでいる

相手の気持ちを組むこと
関係している人の気持ちを表現し
伝えること

そういうことが本当は一番大事なのだと
私は現場にいて感じます。

伝える

汲み取る

この二つが
色々な問題を解決する糸口を作り

最終的な心の満足を作る

私はそう、信じています。

20180510_1
20180510_1 posted by (C)alive
20180570_2
20180570_2 posted by (C)alive

********************

「空き家の実家を収入源に変える方法」

https://www.amazon.co.jp/dp/4426123941/

知識と経験で 女性を元気に

最近、立ち退き案件が多い。

景気が良いのか、
相続のせいなのか、
毎月、賃借人の住みかえのお手伝いを
しています。

いずれも、女性。

長い間、良いオーナーさん?
無欲のオーナーさんのところで
お借りになってらっしゃったので
御希望が、
相場からかなりかけ離れて
いらっしゃいます。

御希望条件をいただくと
見た瞬間に、

「そんなのないよ~」

という感じです。

で、みなさん、ご年齢もご年齢なので
そんな相場はずれの賃料だと古いのしか
ないから、そんなのに住んでいたら
また、立ち退きに合うよ!

だったら、
このチャンスに買っちゃった方が良いよ!

ということで、
購入物件を一緒に探します。

年齢も年齢なので
そんなにピカピカでないもの
でも、綺麗にリノベしてあるもの
立地は最高なもの

これを住宅ローンを組んで購入すると
なんと、
賃料よりも安くて
広くて
設備の良いお部屋に住めるのです。

で、賃料は消費だけど
ローンの支払いは貯金を同じなので
老後も安心です!

団体信用保険も、

昔は「死んだ時の支払いに困らないように」
ということですが

今一番怖いのは
「働けなくなったら、支払えない」
という状態です。

そういう場合の保険もつけることができます。

女性は、収入証明が取れたら
すぐにマンション買った方が良いですよ!
ぜ~ったい!

だって、それで、万が一ガンとかになったら
ローンを支払わなくて良くなるのですから。

賃貸は、誰も何も保証してくれません。

という感じで、

みんな、本当にニコニコです!

決済が終わると、

赤羽さん、私、35年ローン組めるのって
あと3年くらいだから
もうひとつ、今のうちに買いたいです。

と。

私は面白い人たちに好かれるのですが
今日の御案内は、皇室のお洋服やら
芸能人のお洋服も作るデザイナーの方でした。

車で毎回2~3時間くらい一緒で

「赤羽さんといるとオモシロ~イ!
 楽しいから、ずっとこのまま、
 おうちがみつからないままでいたい!」

と言われてしまいました。

いや~、あの~、
私に紹介してくださった方への御報告もあるので。

ん!?そんなに、ごねているのか!?

あの~、私と一緒におうちをずっと探して
いたいそうです。楽しいからって・・・

とは、答えられないのですが・・・

立ち退きは、ただ住まいを捜すだけでなく
双方の意向がまとまるようにしていくことが
大事です。

私は、都心で一人で元気に働いて
暮らしていく女性の味方に慣れて
嬉しいです。

そんなことを言っていると
次から次へと、ご紹介で同じようの
方いらっしゃいます。

みなさん、私の話しを聞いて
びっくりして、帰っていきます。

不動産業を始めた動機の一つは
自分が持っている知識と経験で
女性を元気にしたいことでした。

それが、自然にできるようになっていて
嬉しいな、
と思います。

*********************

経済的にも安心して
自由に生きたい女性を応援します!