古貸家・古アパート整理マニュアル−39

10. 相続発生時の対応策-1

4と5は、相続が発生した際のメニューである。

4は、相続税納付のために、
その古貸家の土地の底地を物納するというもの。

古貸家といえども、
土地の所有権は100%家主(つまり地主)のものだから、
その底地を物納するということは、
家主がその土地の借地人となり、
国が地主となる土地賃貸借契約を結ぶことになる。

この場合、土地の価値(相続税評価額)の40%(底地分)が
国のものとなり、
家主は地代を支払う側になってしまうが、
その土地の60%が借地権として残ることになる。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。
起業10周年を記念して無料配布しています。
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>