不動産相続で「成功した例」と「失敗した?」例:事例1-05

======================
不動産相続で「成功した例」と「失敗した?」例
======================

事例1-05

何度か交渉しましたが、お兄さんの出来ないは
ずっと続きます。

6ヶ月を過ぎた頃に、彼女に変化がでました。
お兄さんはお兄さんの家族を大事にして、

私のことなんて考えてくれていない。

そう感じたようです。

彼女の気持ちが吹っ切れたので、
正当な権利を主張することにしました。

さて、
10ヶ月以内に遺産分割協議書を
作らなければいけないのですが、

お母様が認知症で、
印鑑登録も破棄している状態なので、
分割協議書は作成出来ないという前提があります。

この場合、協議ではなく、
法定相続分通りであれば、誰の了解もなく
登記をすることが出来るのです。

お母様が認知症でも実行出来ます。

すると、お父様名義だった

上地 建物は 1/4 マリアさんのものになりました。

この強制執行にお兄様は激怒しました。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを
解決するレポートを作りました。
起業12周年を記念して無料配布しています。

是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>