遺言について:7-01

=====================
遺言について
=====================
  
7-01:遺言を撤回する方法
  
民法では
  
「遺言者はいつでも遺言の方式にしたがって、
その遺言の 全部 又は 一部 を
取り消すことができる」
(民法1022条)
  
と規定しており、
  
遺言者は遺言の取り消しを自由に行うことが
認められています。
  
遺言の撤回の方法には、次のものがあります。
  
1. 前の遺言の全部又は一部を撤回する
新しい遺言を作成することで、
撤回された遺言は
初めからなかったものになります。
  
2. 前の遺言と
抵触する 新しい遺言 を作成すことで、
抵触する部分については
新しい遺言が優先され、

前の遺言は
新しい遺言により 撤回された ものと
みなされます。
  
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを
解決するレポートを作りました。
起業12周年を記念して無料配布しています。
  
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

  
相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
  
★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>