2. 相続は発生してから対応すると後悔する-16

⑧ 自分(被相続人)に何かあってからでは遅い-6

 

話し合うのは自分一人で難しいのですが、
情報を集めることは一人できます。

では、相続について情報を集めたことが
ある人がどれくらいいるのでしょうか。

「ある」と回答した人は、
20 代、30 代では 20% を切っています。

しかし、40 代でも 32.7%、
50 代でも 36.9%、
60 代以上でも 36.3% に過ぎません。
20140323
注文住宅の購入であれば、

「子供が小学校に上がるので、部屋が足りない」、

「住宅ローン減税があるうちに購入したい」

といった具体的に検討すべき理由があることが多いのですが、
相続の場合は具体的に検討すべき理由を見つけにくいので、
相続についての関心が高いにも関わらず、
具体的な行動(話し合いや情報収集)を
先延ばしにしている人が多いのではないかと考えられます。

しかし、相続は
「2.相続は発生してから対応すると後悔する」
で説明しましたように、本当は準備を前もってしないと、
後悔することになってしまうのです。

準備と言ってもいきなり話し合いから始めるのは
得策ではありません。

アンケート結果からも推測できますが、
何の準備もなく家族で話し合いの機会を持ったとしても、
「なんとなく話題になったことがある」程度で
話が終わってしまうからです。

相続で発生する問題を具体的に検討してから、
家族の話し合いの機会を持った方が良いのです。

 

★★プレシャスライフの相続相談★★http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772

mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>