知らないってコワイ!

不動産の問題の多くは”共有名義”になっていること。

広い親の土地に兄弟とかが共有で建物立てた場合とか。 建物を区分登記しておけば良いだろう。

くらいにしか思っていなかったんでしょうね。

最初は建物建てる資金を借りるため、 土地と建物に抵当権をつけたんだって。 片方が。

しばらくすると、借りていた事業資金がショートして 建物と土地にも抵当権をつけたらしいの。

もうすぐ競売?

ここまで来るには、何度かアラームが鳴ったはずなのに、 「まさか、ここまでになるとは・・・」

「これから、どうなっちゃうんだろう」

という段になっても、 まだ、現実がお分かりでない様子。

 

わたしもかなり、性善説の人だけど、 こう言うことって体験しないから、

まさか、まさか、、、、って思いながら、 かといって、誰に相談して良いのかわからず、 時間ばかり経ってしまうのだと感じます。

 

知らないってコワイ!

 

相続税対策にと、毎年土地を贈与していらっしゃる方がいらした。

税理士さんと相談してやっているそうです。

で、毎年3人の子供にせっせと110万円分ずつ、登記を移して。

見ると、一つの物件に子供3人とお母さんの名義。 という土地とかアパートとかがいくつもある。

グチャグチャ。

でも、よくみなさんやってるので、気にしないでください。 こう言うアドバイスする税理士さん多いんですよね。

 

でも、これどっかで整理しないと、全部の不動産が動かないですよ。

知恵をだして、工夫したつもりがマイナスになっている。

 

今時点の、税金の、という近い視点ではなく、 将来的で、みんなのしあわせを考えた、視野の広いアドバイスが 必要だと思う。

税務も法律も不動産も加味して、 いくつもの視点を知って、 損得だけではない、選択をしてほしい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>