3. 「相続について話したい」とみんなが思っている-6

② 法定相続人には遺留分がある-2

 

遺言書があれば、
法定相続分に従って相続する必要はないのですが、
遺留分を侵害した配分を
遺言書で指定する場合には留意が必要です。

遺留分とは、
法定相続人が受け取ることが出来る遺産の、
最低限の割合のことです。

法定相続人が配偶者と子供の場合は、
遺留分はそれぞれ 1/4 となります。

法定相続人が納得すれば、
遺留分以下の割合で遺産を配分しても問題はありません。

しかし、法定相続人が納得できない場合は、
遺留分の割合に足りない金額を、
配分してもらえるように請求することが出来ます。

これを「遺留分減殺請求」と言います。

つまり、法定相続人は遺留分を侵害するような配分が
指定された遺言書を無効にすることが出来るのです。

遺留分減殺請求があると、
遺産の配分をやり直すこととなります。

その話し合いが上手くいかないと、
家庭裁判所で争うことになってしまいます。

このような事態を招かないためには、
法定相続人の遺留分を侵害しない形で、
遺言書を書くことが必要です。

被相続人が、どうしても遺留分を侵害するような割合で
遺産を配分したいのであれば、
遺留分を侵害される法定相続人と良く話をしないといけません。

 
★★プレシャスライフの相続相談★★http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772

mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>