相続のトラブルは増えている-2

 

2009 年に調停が申し立てられた遺産分割事件のうちで

調停成立 もしくは 認容された事件

の遺産金額を見ると、

5000 万円以下(1000 万円以下 29% と 5000 万円以下 44% の合計) の案件で 73% を占めています。

2009 年時点での相続税法では基礎控除額 (相続税は、遺産金額から基礎控除額を差し引いた金額に 対して掛かります)が

「5000 万円 +1000 万円 × 法定相続人」

なので、5000 万円以下の遺産しかなければ相続税は 全く掛かりません。

図表2

つまり遺産分割は、相続税が掛からなくても 家庭裁判所に解決を委ねないといけないほど、大きなトラブル に発展することがあるのです。

相続で問題が発生しても、 家庭裁判所にまで持ち込まれることは滅多にないのではないか と思われているかもしれません。

しかし、

相続に関して家庭裁判所に寄せられる相談件数は、

死亡者数(被相続人数)を上回るペースで増えています。

死亡者数(被相続人数)は2000年の961,653人から2009年の1,141,865人 と1.2倍になっていますが、

同じ期間に相続相談件数は

2000 年の 90,062 件から

2009 年の 166,218 件と

1.8 倍にまで膨らんでいます。

図表1

 

★★プレシャスライフの相続相談★★http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772

mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>