だから、あなたにも関係あるのです~相続が!

昨日の「不動産のお医者さん」のコンテンツは

http://www.preciouslife.jp/wp/?p=515

”相続”なんて関係ないよ、 うちには財産なんて無いからね!

と思っている人に読んでいただきたいです。

財産がない人でも、 大いに相続問題に関わる原因がこれなのです。

相続税を支払うのはこれまで、全体の5%でした。 相続税改正によって、これが2~3倍になると言われています。 それでも、全人口の10~15%。

相続税を支払う人は確かに少ないのです。

でも、相続の問題はみなさんにやってきます。

これまで扱っていて多いのは、 財産が自宅しか無い。

相続財産の多くを会社とその土地が占める。

つまり、分けられるものでない場合です。

それでも、売ってどうにかなれば良いのだけど、

自宅は長男が住んでいる。 次男や長女はもらうものがない。

自宅を売って分ければいいんだけどね。 住んでるから売れない。

じゃぁ、分けるのに見合うお金を長男が次男と長女に 支払うことにしたとしても、 一体いくら?

路線価ははっきりしているけど、 市場価格は、、、、???

言い分色々。

自宅がど~~~んと大きかったりすると、もっと複雑に なってたりする。

両親が元気な頃に、事業のうまくいかない次男からせびられて 抵当権入れてお金を借りているとか?

長男が住んでいたとしても、 次男はまだまだ自分の将来的な取り分があると思って、 どんどん借り入れを起こそうとする?

財産があまりなくても、 分けられないと揉める。

財産がど~~んとあっても、 自分に将来的な相続分があるというのが目に見えると それをアテにしてしまう。

でも、それってどれくらいの額なの?

この領域は、税理士さんや弁護士さんは全くわかりません。

結局は不動産をわかっている人がいないと 解決しないって言うことなのですよね。

でも、不動産屋さんて怪しいから、 長男と次男が自分に都合の良い不動産屋さん連れてきたりして、 まとまらないんだよね。

さて、これはどうやったらうまくいくでしょうか?

この事例に思い当たる人、

「あっ、うちだ!」

という人いらしたら、御連絡下さいね。

そっとお教え致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>