土地有効活用による節税対策Q&A−4−3

「<居住用>小規模宅地の評価減を賢く活用」-3

⬛︎誰が取得すれば適用を受けられるのか

 ◇「被相続人」か、「被相続人と生計を一にしていた親族」の居住の用に供していた家屋の敷地(宅地)
 →1~4のいずれかの場合、特定居住用宅地等となる

  1.配偶者が取得した場合
  2.被相続人と同居していた親族が申告期限まで引き続いて居住している場合
  3.配偶者及び同居法廷相続人がいない場合で、
    取得した者及びその配偶者が3年間自宅を有していない等の場合
  4.被相続人と生計を一にし自宅を有していない等の親族が、
    相続開始前から申告期限まで自己の居住の用に供している場合

特定居住用地等については「誰が居住していたのか」「誰がこれらの宅地を引き継いだのか」
「その後どう利用するのか」等によって適用の可否が判定されます。
例えば今まで別々に暮らしていた親子が一緒に暮らし始めるのも
「小規模宅地の評価減」の特例を上手に活用することになるのです。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。

http://womansouzoku.com/

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772

mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>