土地有効活用による節税対策Q&A−20-8

「不動産所有法人による収入分散の税金効果は大きい」-8

6.3年経過すると自社株評価は下がる

不動産を取得した場合の株式の評価は、
土地・建物は相続税評価額で評価し、
負債があれば債務控除します。

土地は貸家建付地、建物は貸家評価となり、
現金や借入金と比べると
大きく下がることになります。

ただし、会社が新規取得した土地・建物の評価は、
個人の場合と違いまだ規制されたままですので、
取得して3年以内は取引価額により評価され、
効果がありません。

株式を贈与する場合には3年経過後、
取得した不動産が相続税評価により評価されて
効果が現れるようになってから行ってください。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。

http://womansouzoku.com/

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772

mail:info@preciouslife.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>