タグ別アーカイブ: 事業承継

相続財産を年金式に受け取る賢いやり方

「プレシャスライフの相続相談の資料」も面白いですね!

http://www.preciouslife.jp/wp/?p=464

相続経験者だと、”事業を継いでくれた人”に相続させる 比率が高くなっています。

今、75~85歳の方のお子さんって、55~65歳くらい。

生前に対策打たなくちゃ! そっちのほうが良いですよ!!

と言っても、なかなか。

75~85歳くらいになると、 さすがにもう最後が見えるっていうか・・・ (ごめんなさい)

でも、お子さんもその時には定年前後なんですよね。

この位の親子年齢のご相談って結構あります。

この年齢の方の案件て、 戦後、まだ土地が安い時に駅前とかに個人名で土地を購入して、 その後、ご自分で商売始めた人とか多いみたいです。 当時は人口が少なかったのでしょうね、 大抵、駅前の立地が良いところが多いですね。

高度成長に乗って、業績も良く、 その土地に自社ビルを建ててらっしゃる人も多い?

つまり、個人の土地の上に、法人名義のビルがある。

ってなると、相続の時に法人を継いでくれた人に土地も 相続させる、させたいと思うのが普通?

兄弟がいた場合、もめますね。

他に同等の財産があればいいのだけれど、 大抵は、これが一番大きな財産で、他の物と調整しても とても不公平になります。

会社が儲かっていれば分割で支払うことも考えますが、 そこまでの余力がない場合が多いです。

それに、自分だってもうすぐ定年。。。。

これを読んでらっしゃる方にも、お心当たりがおありかもしれません。

一人が会社も財産も多くをもらって、 後の人は少し。

どうしようもない。。。支払えないんだ。。。。。

本当にそうでしょうか?

例えば、もうひとりの相続分に該当する額を分割にして 毎月受け取る。

そういうのはどうでしょう?

 

不労所得に変える。

 

年金がわりにもらえる。

 

そんなことが出来たら良いと思いませんか?

実際にそうやって、解決したこともありました。

頭を柔軟にし、 法制度を理解し、 後々まで効力がある形にしました。

ご興味ある方いらしたら、 ご相談に来てくださいね!

 

事業承継に役立つ保険

1代で築き上げた社長さんには共通の悩みがある。

それは、社長が引退する時、持ち株を受け継ぐ息子さんに株価がすごく高く評価
されるために、多額の贈与税がかかることだ。
業績がよければ良いほど評価は高いが、
実際に51%以上の株を持っていて、配当を出さない企業であれば、
株をもらうことがババ抜きのババをもらうのと同じ感じになってしまう。

その時の為に、保険を有効に活用したい。

社長さんが死亡した時、経営リスクを回避するために法人が契約者となって
社長に保険をかけるのはどの会社でもやっている。

これを応用すると良い。

ポイントは”全額掛け捨て”にすること。

仮に45歳の男性社長さんが1億円の掛け捨て保険に入ったとする。
この保険は90歳まで入れる。

年払い保険料は1,323,700円
これを45年間かけて総支払額は 1,323,700円 × 45年 = 59,566,500円

パンフスキャン
パンフスキャン posted by (C)alive

90歳までに亡くなれば、40,433,500円 総支払額よりも多くもらえることになる。

社長さんが現役の場合は、シンプル。

社長さんが引退するときに、名義の書き換えをして後継者への事業承継対策に利用すると更にお得感が増す。

契約者と受取人を”後継者(個人)”へ書き換え
するのだ。

事業承継のため~図
事業承継のため~図 posted by (C)alive

この保険のお得はこうなる。

1.名義変更の時に贈与税がかからない。

通常、こういった場合贈与税が発生する。
しかし、掛け捨ての保険にしておけば、贈与税は発生しない。
保険の価値は解約時の解約返戻金で計算される。
掛け捨てのものは解約返戻金がないので、価値は0.
したがって、贈与税はかからないで名義変更することができる。

2.所得税が圧縮できる。

後継者が受け取った保険金で、持ち株を買えば良いのだが、
受け取った保険金には所得税がかけられる。
通常の所得と合算して。
しかし、保険金は一時所得となるので、
{(1億円-50万円)×1/2+通常の所得}×税率
となって、一時所得は1/2に圧縮されるのだ。

3.支払う保険金を後継者に暦年贈与しておける

名義変更した後に支払う保険金は、社長から後継者に暦年贈与しておくことも
できる。

デメリットは90歳以上生きてしまうと、もう使えなくなってしまうということ。
しかし、90歳以上生きられる方は全体の1.6%。
年齢層別人口@東京
年齢層別人口@東京 posted by (C)alive

もちろん、すごく喜ばしいことだけど。
90歳以上絶対長生きするということでない限り、
この保険のメリットを受けられる可能性はかなり高いのでは?

詳しいご説明、資料請求は下記までご連絡ください。

株式会社 ALIVE 03-5765-2772
info@aalive.jp