タグ別アーカイブ: 縄ちぢみ

固定資産税の軽減対策-42

5.「現況主義」による見直し-3

 
・正確な測量は資産把握の第一歩

前回の記事のようなケースは、
同じ地番の土地をいくつかに分筆した場合に多く見られるようです。
つまり、地番の表示が、
○番地—1、—2、—3…という土地です。

登記簿より実測のほうが多い場合を「縄のび」、
逆に少ない場合は「縄ちぢみ」と言いますが、
いずれにしても最終的には現況主義なので、
土地家屋調査士をはじめとする専門家に相談し、
正確な面積を把握しておくことが重要です。

また、固定資産税ばかりではなく、
相続税についてもこの「現況主義」は生きているので、
余分な税金による不必要な出費を招かないためにも、
早めに手を打っておくのがよいでしょう。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。
起業10周年を記念して無料配布しています。
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月の相続セミナー

■塩漬け財産を救う相談者の選び方
~セミナー後誰でも直ぐに実践できる家族の絆を強める相続術

2月20日 土曜日 14:30~16:00   
2月26日 金曜日 19:00~20:30

詳細・お申し込みはこちらから
→https://www.facebook.com/events/987862584586365/