タグ別アーカイブ: 訂正

固定資産税の軽減対策-41

5.「現況主義」による見直し-2

 
(1)土地面積が登記簿より実測が少ない場合-2

 
・過去5年間に遡って還付が受けられる?

実測による土地面積が90坪、
登記上の面積が100坪となっていて、
地主さんがこのことに気付いたのが
7月1日だった場合について考えてみましょう。

このケースでは当然、
固定資産税は1割安くなって然るべきです。
地積更生をするか、
または正しい測量図を役所に提出することにより、
次年度からは減税されることでしょう。

一方、これまで余分に支払ってきた
固定資産税はどうなるのでしょうか。

例えば、この土地に厚い塀が
20年以上も前から造られていて、
これまでずっと余分な固定資産税を
払い続けてきた場合などです。

これは、まさにケースバイケースですが、
役所の課税担当者が現地に足を運び、
実際の測量数値に間違いがないこと、
およびそこにある塀が誰が見ても古いもので、
造られてからかなりの歳月が
経過したことが証明された場合は、
理屈上は5年間に遡って
固定資産税が還付されることになるでしょう。

しかし、現実問題として、
過去の実測値が登記簿に記載されている
面積より少ないことを証明することは、
かなり困難なことです。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。
起業10周年を記念して無料配布しています。
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp