タグ別アーカイブ: 評価減特例

古貸家・古アパート整理マニュアル−26

8. 物納は相続財産のうちから-2

物納財産の収納価額については、
相続税課税価格計算の基礎となった財産の価額となるので
物納を予定する物件については、
200平米以下の小規模宅地の評価減特例などを
適用しないほうがよい。

また、物納予定物件とした貸宅地などでも、
収納までに更地化できれば収納価格は改定(高く)される。

同様に「悪循環」や「最悪循環」に陥った
古アパートや古貸家なども、
通常物納は却下されるが、
相続発生という緊急事態のもとでは、
「だめもと」で物納申請しておき、
収納まえの間に借家人を立ち退かせ、建物を取り壊して
土地を更地化することができれば、
収納価格は改定(高く)される。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆
不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。
起業10周年を記念して無料配布しています。
是非、お役立てください!

http://womansouzoku.com/?page_id=375

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!
☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772
mail:info@preciouslife.jp