タグ別アーカイブ: 赤羽聖子

自分らしい生き方をできるような ヒント

今日のお勉強。

シニアマーケティングはなぜうまくいかないのか?

を聞いて、
私は間違ってないな、
と確信出来ました。

隣の人とお名刺交換しました。

最近、こういう本出しました。
不動産、相続のコンサルやってますー。

あー、空き家買うの?
空き家、すごいらしいねー

いえ、別に。

空き家売りたい人、探してるの?

私は自分からガツガツ営業しないから。

?不動産屋じゃないの!?

不動産業はやっています。

コンサルなので、お客様が売りたいなら
そうするし、
どうしたら良いかわからないなら
それを考えることからやります。

結果、売るのが良いなら、そうします。

うちの親戚も、売るとか売らないとか
揉めてるんだよ。

最初から、売る、って言う明確な目的
持ってる人なんていないと思いますよ。
売ることを考えるのは、お金に困っているから。
揉めるのは、先々に不安があるからです。

その不安はなんなのか
お互いに奪い合うのではなく
解決できる方法はないのか
細かく見てみないと。

将来何の心配も無ければ、
揉めないですよ。
たいがいは。

長寿がリスクになっている?

定年して、老後を静かに過ごす
人生モデルじゃないよ、
と急に言われてもね。

まだまだ、生きるんだ。

元気に生きたい。
若くいたい。

健康法やサプリもたくさんあるけど
お金がないと。

ジーっとしてるんじゃなく
楽しく過ごしたい。
人との付き合い、
ってお金がかかるのです。

旅行や趣味も、お金が必要です。

会社勤めや子育てが終わって
時間にゆとりが出来て
自分らしい生き方をしたい
と思っている人が、増えています。

シニアでも
老人でもない

新しい大人
の生活

設計の過渡期です。

それまに蓄えたものの形を変えて

かつ

自分らしい生き方をできるような
ヒントを書いてみました。

是非、読んでいただきたいです!
内容は、今日のセミナーと考え方は
同じです。
アプローチは違うけど。

http://urx.nu/KdLp
「空き家の実家を収入源に変える方法」

20181201
20181201 posted by (C)alive

現実は小説より面白い

一昨日は

母校 明治学院大学のヘボン経済人会
の夕食勉強会でした。

光栄というか、、、
講師を務めさせていただきました。

社会と家族に遺すべきもの
人生100年時代に本当に必要なものとは

相続対策
と言うと、節税=税理士

相続争い=弁護士

と言うことが、世間では問題とされています。

お金を残して
資産も残したはずなのに
遺された家族が安心してそれまで通りの
生活が出来なくなっています。

今後、社会制度というか
社会がどんどん変化する中で
何が必要
何が遺された家族や会社を守るのか?

と言うことを考えていただきたかったです。

私のお話は実話なので

現実は小説より面白い

気づきになってくれたら
幸いです。

https://www.youtube.com/post_login?noapp=1&client=mv-google

真剣に相手向き合って

今日、
とある人が訪ねていらっしゃいました。

 

気乗りはしませんでしたが
「情報交換」
ということだったし、
知り合いの会社の社員さんだったし。
最初は世間話~
でも、いろいろ聞いてきて、
この人は何のために来たのかわからない気がしました。
結局、いま、
相続などのセミナーをしても
人が集まらない
集客できる私の謎を聞きたい、探りたい
ということらしいです。

 

実際、

私は人が集まります。
お客様も多いです。
良いお客様に恵まれているとも思います。
ということで、
あの手この手でいろんな人が
たかってきます!?
私を利用しようとして?

 

その人の話を聞いていて、
うんざりしました。。。

 

すべてが間違っている。
そんなんじゃ、何やっても無駄だよ。

 

そもそも、
私に連絡してくるのだって

 

情報交換しましょう~

 

じゃなくて、
集客に困っているのでお知恵をお借りできませんか?
とか、お教えいただけませんか?

でしょう?

 

人の時間を使うことに何の罪悪感もないのね。

 

良いお客を集めたい

って、どんなお客様があなたにとって
良いお客様ですか?

 

お金を持っている人ですか?
騙せる人ですか?
言いなりになる人ですか?

 
あなたは自分が役に立てることは何だと思いますか?
あなたが相手に提供できる価値は何ですか?
助けたい、と思った人はいますか?
相手に大した価値も提供もできないのに
営業する~押し売りするしか考えてないなら
誰も近寄ってこない。

 

お客様は馬鹿じゃないです。

 

自分だって言っているじゃない

うわべだけのことを話している
相続セミナーなんて響かない。
聞いている人も寝ちゃう。

 

そうよ。
その通りよ。

 

真剣に、
本当に真剣に相手向き合って仕事していない人
なんて、伝わらないのよ。

 

集客とか営業とかいう前に
もっと基本を身につけないと。
とはいえ、集客に困っている
集客できないから独立しても食べれない
集客できないから独立できない

というのは事実ですね。

 

そういう人の中には、
真剣にお客様のために仕事をしたいのに
集客のテクニック部分だけを知らない人も
中にはいるかもしれないです。
真剣にやる気のある方には、
私はそのためのコンサルもしています。
私は一生懸命仕事をするのが好きなので
そういうことを共感できる人を育てたいのです。
興味ある方はメッセージくださいね。

 

相手を理解し 固まっているごちゃごちゃを 分解して、整理してあげること

今まさにそうで

身につまされる気がした。

相続は終わったけど

ホントにごちゃごちゃ揉めた

などの感想をいただきました。

この相続講談のストーリーは

オーナー社長さんであれば

自分んちのこと??

と思う内容になっています。

というか、

ご相談にいらっしゃる方は

自分の家だけ、、

と思っているけれど

だいたい似たようなことが多いのです。

不動産や資産は個別性が高いけれど

人の心や感情はだいたい同じ

だからです。

うちにいらっしゃる方は

その前に、税理士や弁護士に相談して

いらっしゃいます。

でも、解決しない

ちょっと違う

腑に落ちない

いろいろ探しているうちに

私にたどり着くようです。

相続は家族の心の問題です。

そして、不動産活用は

お金の問題だけでなく

人生の問題です。

お金だけを追い求める人生は

虚しいものです。

自分が何をしたいのか

何が好きなのか

誰と関わりたいのか

自分が生まれた使命は何なのか

私のコンサルは

お客様に何度もお聞きして

それを実現して行くことです。

損得で考えるのは

つまらないことです。

無料相談の人でさえ

部屋に入って来た時は固い表情でも

帰る時には、

憑き物が取れたように

晴れ晴れとした笑顔になります。

自分がいかに

小さな視点に囚われていたか

気がつくからだと思います。

コンサルは

自分の知識や経験を相手に与える

より

相手を理解し

固まっているごちゃごちゃを

分解して、整理してあげることが

大事です。

その、整理、分析方法を

フローチャートにしてみました。

*作りながら、かなり自分の頭が

混乱して、疲労しました。

本の巻末にあります。

自分でまず、やってみられると

見えてくるもの

わかるものがあるかもしれませんよ。

20180619-01
20180619-01 posted by (C)alive

20180619-02
20180619-02 posted by (C)alive

20180619-03
20180619-03 posted by (C)alive

アメニティさんのブックガイド に掲載して頂きました!

アメニティさんのブックガイド
に掲載していただいた~!!

「集合住宅新聞」という
ちょっと面白い専門誌。

マンションの住人向けに発行されている。

古いマンションが増える中か
大規模修繕や居住者のコミュニティなど
いろいろな問題があるのだけど

そういうことに役立つ記事が載っている。

これを読んで勉強する。
良くわかる、

ってもんでもない(ごめんなさい・・・)

ただ、同じ建物の人と
今ある問題を共通に認識したり
いろいろなやり方・考え方がある
ということをしていたりすることが

まず、何より大事なのだと思う。

マンションだと建て替えるとか
修理する
とかって、
意見がそろわないとできないもんね。

一緒に何かやる人と
考えや価値観が違うのは当たり前。

違う人間同士が一つのことをやるには
その前段階で
共通する情報や危機感?というか
問題意識があることが大事だよね。

夫婦でも華族でもない人たちと
そういった温度差がなるべく無いように
するって、難しいけど

こういう新聞読んでいると
きっと、
だんだんと、共通認識が出てくるんじゃないかな?

コミュニケーションはとっても重要だけど
それを補佐するツールって必須だよね。

仲良し家族でいるには
美味しいご飯を一緒に食べるとか
家族で出かけて楽しいことをするとか
っていうのと、似ていると思う。

相続の場合は、そうだよ。

私が漫画の小冊子を作ったのも
家族どうして、いきなり話し出すのも・・・・
という家の、TVの前にでも出しっぱなしにしてくれたら
いいな、と。

誰かがいつか、読んでみるかも。
なんかのきっかけで
話題に自然になるかも。

切りだすのが難しい
話ずらいことは

ツールを使うことも、一つの方法だと思います。

マンション~特に古いマンションにお住まいの方は
是非、アメニティをマンション住人で
読んで見られてはいかがでしょうか?

http://urx.nu/KdLp

35267130_859294354267584_6794352088601067520_n
35267130_859294354267584_6794352088601067520_n posted by (C)alive

35416432_859294417600911_7161334375206879232_o
35416432_859294417600911_7161334375206879232_o posted by (C)alive

全国賃貸住宅新聞社さんの読者プレゼント

全国賃貸住宅新聞社さんの読者プレゼント

にお選びいただきました!

お役にたてると嬉しいです。

新聞購読されている方は、お見逃しなく!

これを機会に、試し読みされるというのも

手かもしれないですよ。

今朝、届いたらいろいろとためになる内容でしたから。

雑誌の書評で紹介してくれると良いのだけど。。。

雑誌社に本を贈呈させていただきますから。

何方かお知り合いがいらしたら、ご紹介くださいませ!

あと、リアルな感想もアマゾンで募集中

さっき、他のPCで開いたら、TOPにスクロールして

紹介されていて、うちのスタッフと

「すごいね~」

と、他人事のように関心してしまいました。

20180520_2
20180520_2 posted by (C)alive

出版記念パーティ&シンポジウム

あまりに盛り上がり過ぎて、
全体写真を取り忘れたのが、唯一の心残りです。

前半のシンポジウム「空家の現状と解決策」は
真剣に聞いていただく
大変勉強になったと、お声をたくさんいただきました。

今回は不動産関係の方というより
出版にご尽力いただいた方
これを役立てていただけそうな方
全く関係ないセミナーで一緒になっただけなのに
義理堅く来てくださる方
同級生や同窓の方
など

どちらかというと
私の個人的な方面でのつながりのある方に
来ていただきました。

私を中心にして
新たなつながりが広がることを
大変嬉しく思います。

私の自慢は
本当に人に恵まれていることです。

私はともかく
私の周りの人は、全部、とっても良い人です!

大盛り上がりすぎて

二次会にカラオケに行き
さらにはクラブを2件も梯子して
六本木に来た、外国人に着物姿で絡んで
大いにトーキョーの中心人として
影響と印象を与えて??

20代のころに乗ったこともない
お立ち台にまで上がって

今見ると、
恥ずかしいです・・・・

でもね。思うの。

頭が良くて、仕事ができて、信頼できる人
ってベースだけど
一緒にいて楽しくないと
人は集まらないし、
かけがえのない人にはならないのでは?

私の良いところは
楽しいことを考えて
みんなを喜ばせることです!

ハッピーな人生に、乾杯!

この本が、あなたの第二の人生を
ハッピーにしてくれますように!

※私の着付けの先生も来てくださいました。
刺激と新しい出会いに興奮状態になり
私も次をやろう!
という気持ちになった。と連絡いただきました。
私に出会った人は、みなさん、元気になると言います。

そういってくださるのが、本当に、嬉しいです!

「空き家の実家を収入源に変える方法」
https://www.amazon.co.jp/dp/4426123941/

20180520-02
20180520-02 posted by (C)alive
20180520-01
20180520-01 posted by (C)alive
20180520-03
20180520-03 posted by (C)alive

不動産分野のお医者さん

5月7日の週間住宅新聞に掲載されました。

私の「出張 相続講談」

不動産会社なのに

講談とか出版とか

他と違うことをしています。

よっぽど、暇か
趣味?

という感じですね。

不動業者の集まりに行くと
当然に不動産中心の話題ばかりです。

不動産も実に奥深く
変化が激しく
勉強していかなくてはいけないことが
多い。

でも、これからはそれだけではダメだと
思うのです。

良いお医者さんが
どんなに腕が良くても
それを相手に伝えることが十分に
できなければ
相手の心を満足させることはできません。

私は、不動産業者というより
不動産分野のお医者さんで
いたいと思っています。

知識や経験
法律や税務

は必須ですが

皆が気がつかないでいる

相手の気持ちを組むこと
関係している人の気持ちを表現し
伝えること

そういうことが本当は一番大事なのだと
私は現場にいて感じます。

伝える

汲み取る

この二つが
色々な問題を解決する糸口を作り

最終的な心の満足を作る

私はそう、信じています。

20180510_1
20180510_1 posted by (C)alive
20180570_2
20180570_2 posted by (C)alive

********************

「空き家の実家を収入源に変える方法」

https://www.amazon.co.jp/dp/4426123941/

船上の老人と陸上の老人は違う

=============
船上の老人と陸上の老人は違う
=============
今回のクルージングではいろいろな人に
積極的に話しかけました。
そして、たくさんのお友達ができました。
旅行は普段出会わない人とお話できるというのも
楽しみです。

台湾のオプショナルツアーのランチの時に
一緒のテーブルになった人は
70代半ばのご夫婦と奥様のお兄さんでいらっしゃっていました。

このご夫婦は年の半分をマレーシアで過ごし
後の半分を日本にいるのだそうです。
日本の留守宅は、息子たちが一緒に住んでいるので
家を管理してくれているそうです。
(なるほど~、いい案だ!そういうのアリかも!?)

マレーシアでは、日本人のコミュニティーがあるので
ゴルフとテニスなどをしたり
週に一回はみなさんで会食をしたりするそうです。

そして、年に数回はこういうクルージングにも参加される
そうです。

約15年前に、最初に石垣島に行って数か月住んでみたけど
やることが無かった。

マレーシアの家は、マレーシアの富豪のお友達のマンションを
借りていて、
3LDKで7万円/月だそうです。

この奥様は、私がカラオケ大会の予選に出た時に
いらして、越路吹雪を暗譜して歌っていらっしゃいました。
毎日クアラルンプールのカラオケに行ってらっしゃるのかとお聞きしましたが
そうではないそうです。

ご主人が、
「僕たちは、二人で貧乏旅行をするんだ。安宿にも泊まるよ。
年齢制限が無いから」
とか

「昔何をやっていたなんて、関係ないよ。なんでも割り勘さ」
というのを聞いていると、

陸の老人とは違うな~。
という気がしました。

陸の老人?シニア?リタイアの人とお話をすると
昔の話
元○▽にいた
ということを言う人が多いです。

私は、そういう話を聞きながら、内心
「今のこの人には何もないのね」
と思っています。

昔話しかない人=終わった人
です。

内館牧子の小説に出てくる人って、感じです。
そういう人と話をしていても、盛り上がりません。
昔話を聞いているだけで、相槌の入れようもありません。

でも、今を語ってくれるなら、どんどん話も盛り上がります。

15年前にマレーシアとを行ったり来たりし始めたというのは
まさに、タイミングが良いです。

私は3年前にボルネオとクアラルンプールに行きました。
「既に外国人は3000万円以上の不動産しか買えない」
という規制が入った後で、
投資や移住を考えるのに美味しい時期は過ぎている
というのを、知ったうえで見に行きました。

今後、今も、どんどん東南アジアでは似たような感じで伸びていく
国が出てきます。
その成長過程がどの時点で熟すのか、
ベンチマークとして見ておきたかったのです。

もちろん、コンドミニアムも新築・中古合わせて
いくつか見ましたし、現地の不動産会社の方に詳しくお話も
お聞きしました。

その際に、日本語で対応できるお医者さんや
日本人コミュニティーがあることも知りました。

その時に、実際に住んでいらっしゃる方たちに
はお会いできませんでしたが
今回、こうしてお会いすることができました。

実際に、行動しているところがすごいですね!

ワインテイスティングで隣に座ったご夫婦も
色々なクルージングで世界中を回っていらっしゃいます。

毎晩のディナーで一緒のテーブルのSさんは
養豚場を長年やっていたのだけれど
息子さんに継いだので、奥さんとお姉さんを連れて
今回初クルージングにいらしていました。

体を動かさなくなるからと
お嬢さんが、近くのジムの入会を勧めてくれたそうです。

今回は初めてだったけど、
これを機に、また来たいということでした。

広い船のどの場所に何があるか?
イベントがありすぎて、わけがわからず
老人はついてこれないか?と
思いましたが、みなさん、ついてきていました。

船内は、段差もあり、毎日かなりの距離を歩きます。
足の丈夫な老人が多いんだ~。

行事を楽しむための衣装~お着物もパーティ用・浴衣など
何着も用意されて大変だったろうな~。

と感心していました。

元気な老人、ってこんなにいらっしゃる。

ということではなく、
こういうワクワクすることがあるから若く元気でいられるんだ。

ということに気が付きました。

“終活“
というのは、なんだか暗いです。

この人たちは、すでに“終活“は済んだのでしょうか?

というより、“終活“よりも
最後まで、
残りの人生が短いほど人生を楽しんだ方が良い!
と心から思いました。

ワクワクときめくから元気で健康でいられるのです。
老人が健康で元気でいれば、医療費もかからないし、
介護保険も負担が少ないです。
家族が介護離職することもないです。

そして、
何よりそういう老人と話をすることはとても楽しいです!

ただ、
私はマレーシアでテニスとゴルフと会食をしていても
つまらないです。

物足りない。

今の私にとっては、仕事をしていることが必須です。
船の上でも、メールしたり、電話したり。

仕事という共同プロジェクトがあり、その周りの人がいるから
毎日刺激的で楽しい。
自分の存在価値を認識できる。
これとクルージングを織り交ぜた生活を目標にします。

そして、私はずっとこのまま
元気な老人になろうと思いました。

*************
楽しい老後を過ごしたい方へ

http://womansouzoku.com/?page_id=341

20170721-02
20170721-02 posted by (C)alive
20170721-01
20170721-01 posted by (C)alive

綺麗で健康に年を重ねる生き方

気が付いたら、今週も終りですね。

デトックスしているのに、
今週は2回もお酒を飲んだので、
結構、ダウンしていました。

その一つが、麻布十番商店街の方たちと
コロッケさんプロデュースのミミック東京
に行ったこと。

もの真似で一番笑ったのは
学生の時に六本木でTVに出る前の
クリカンを見た時でした。

子供が好きなので、
新宿のそっくり館キサラにも、
友達とその子供たちを連れて良くいきました。

ミミック東京は、そこまでの笑いは
ないかな~?

お料理は、こういうお店にしては
まあまあ良かったです。

私のテーブルは足のちょっと悪い
御婦人たちの席でした。
(滑り込みだったので、まぎれて座らせて
いただきました)

みなさん、ケッコーなご年齢なのですが
綺麗にしてらして、素晴らしいです。

私は相続で色々なところに行きます。
いろいろなご家庭・御家族をみます。

私も大台を超えていますが、
若いころは年齢による差があまりなくても
年を重ねるとその重ね方で
かなり見た目に差が出ます。

綺麗でいる

というのは、
エステとかメイクとかファッションとか

というのもありますが

何よりも健康であること
仕事等で現役でいること

が必須だと感じます。

年齢を重ねると、
色々な病気になることが多いですが

肉体の病気もそうですが
精神の病気は人を大きく変えるのだと
感じることがあります。

病が与える影響

目の前の相談者を見ながら
不動産のお話しをしつつ

この人が再びいきいきと暮らせるには
どうしたら良いのだろう?

そういう心情で、いつも
向き合っています。

元気で綺麗にしている
十番商店街の婦人部の方たちを
見ていると
私も、こうやって年をとろう!

と、思いました。

***************

不動産を相続する女性の悩みを解決するレポート

http://womansouzoku.com/