タグ別アーカイブ: 転用

土地有効活用による節税対策Q&A−6−1

「固定資産税は住宅用地に転用すれば大幅軽減」−1

土地の有効活用をするときに、土地にかかっている固定資産税の負担や、
新たに建てる建物にかかる固定資産税を軽減することのできる
よい方法はないでしょうか?

☆ポイント☆
1.土地の固定資産税は小規模住宅用地として利用すると大幅軽減。
2.新築住宅にかかる固定資産税は3年又は5年間軽減される。
3.1棟ごとではなく1居住単位ごとに軽減される。

明日以降、詳細について見ていきましょう!

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。

http://womansouzoku.com/

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772

mail:info@preciouslife.jp

土地有効活用による節税対策Q&A−3−2

「自宅用地の一部転用や賃貸住宅建て替えで大幅評価減」-2

⬛︎自宅用地の一部を賃貸住宅用地に転用すれば評価が下がることも

図のように480平米の自宅用地があったとします。
この敷地のうち300平米に貸家を建てて賃貸住宅経営を始めます。
そうすると全体が一つの利用単位だったものが2つの利用単位になり、
次のように相続税評価額が下がります。

土地有効活用による節税-3(図1)

全体で1億5000万円だったものが、
利用形態の変更後には2つの評価額の合計で1億3875万円になり、
評価額が1125万円も下がることになります。

さらに、建物の賃貸開始後は、賃貸住宅の敷地は貸家建付地になり、
評価額が1687万円も下がるため、
全体としては2812万円も評価がさがることになります。

また、利用形態が変わることによる評価の引き下げは
固定資産税の評価上も原則として同じように減額されます。
なお、ここでは小規模住宅の評価減額については一切考慮していません。

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

不動産を相続する女性の悩みを解決するレポートを作りました。

http://womansouzoku.com/

相続をきっかけにお金の自由を得た
女性たちがいます。
彼女たちは今、
自分の好きな事をしながら
自由なライフスタイルを送っています。
相続は人生を変える最大のチャンスです!

☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆

★★プレシャスライフの相続相談★★

http://www.preciouslife.jp/wp/

ご連絡先:03-5765-2772

mail:info@preciouslife.jp